文武両道の学習塾 SPORDY「日本の子どもたちが世界で活躍できる大人へ」

▶ 個人情報保護方針

文武両道の学習塾 SPORDY「日本の子どもたちが世界で活躍できる大人へ」

FUTSAL

フットサル風景① フットサル風景② フットサル風景③

SPORDYではFC SPORDYとエンジョイフットサルスクールの2種類のコースがあります。
FC SPORDYでは、頭を鍛えながら技術向上のための指導をしていき、エンジョイフットサルスクールでは、フットサルを通じて、体を動かす楽しさや、体をうまく使いこなせる指導に重点をおいたコースとなっています。

FC SPORDY ~プロを目指したい少年・少女たちへ~

文武両脳の選手の育成

海外で実践されている指導方法を取り入れたトレーニングをし、
世界で活躍できる選手の育成を目指します。

海外で取り入れている指導方法を実践し、プロコーチが指導することにより選手としての質を高めます。
「ライフキテティック」というトレーニングを用いて、子どもの運動能力はもちろん、学習脳力も習得させます。
大まかに鍛えられるのは次の4点で、

  1. ボールを扱う技能
  2. 認知の脳力
  3. 視覚的な脳力
  4. インテリジェンス
    (脳に関するほぼ全ての機能、情動も含まれる)

が挙げられます。「記憶でプレーする」ということを徹底的に指導し、あらゆる場面においても最適な選択ができる、状況判断に優れた選手の育成を目指す指導をしていきます。
また、週1回のTLM学習の時間を設けることで、学業も疎かにすることなく、文武両脳の選手の育成をしていきます。

特徴1. 頭の良い選手の育成
トップアスリートになるには頭の良さが必要となってきます。コーチの話を理解する力、プレーを取捨選択する判断力のスピード。これらをプレーで養うのではなく、学習という角度から身につけます。
論理的思考能力や空間認知力を鍛えるトレーニングで頭を鍛え、それをプレーの場面で最大限活かせる頭脳へと成長させていきます。
特徴2. フットサルノートの活用
FC SPORDYでは、フットサルノートを用いて全ての選手とコミュニケーションを密にとっていきます。その日におこなったトレーニングの内容や、その時感じたことやコーチからのアドバイスを書き留めます。そうすることで、どんなトレーニングをして、どんな意味があったのかを記憶することができ、次へのステップに上がりやすくなります。
また、コーチからのフィードバックも毎回おこなうので、保護者の方も目を通し、子どもの成長を見ることができます。

エンジョイフットサルスクール ~楽しくスポーツを始めたい少年・少女へ~

エンジョイフットサルスクールは、初心者はもちろんのこと、少年・少女が入り混じったスクールとなっています。
誰もができるフットサルを通じて、楽しく・元気よくをモットーに、健全な子どもを育成していきます。
基本的な技術の習得や、運動にかかせない7つのコーディネーション能力をバランス良く鍛えていきます。

7つのコーディネーション能力
定位能力 相手やボールなどと自分の位置関係を性格に把握する能力
変換能力 状況に合わせて、素早く動作を切り替える能力
連結能力 間接や筋肉の動きを、タイミングよく同調させる能力
反応能力 合図に素早く、正確に対応する能力
識別能力 手や足、用具などを精密に操作する能力
リズム能力 動きを真似したり、イメージを表現する能力
バランス能力 不安定な体勢でもプレーを継続する能力